シミに効く化粧品は成分が大切!

シミを本気で改善したい!と思ったら、化粧品に配合されている成分を知ることが大切! このサイトでは、シミに有効な成分を解析しながらシミに効く化粧品を比較します。


まずはシミのタイプを知る

シミの種類
肝斑(かんぱん)
ニキビ跡などの濃いシミ
そばかす
できる部位 頬、額(左右対称)、目の下、こめかみ、鼻の下、口周辺など 炎症を起こした部分 鼻に近い頬部分
原因 女性ホルモンの異常(妊娠、出産、更年期、ピルなど) ニキビ後、炎症を伴ったかぶれの後 遺伝(色白さんに多い)
効果的な治療 美白化粧品 美白化粧品 レーザー治療、美白化粧品
有効成分 ハイドロキノン
ビタミンC
など
ビタミンC
ハイドロキノン
プラセンタ
など
ビタミンC
ハイドロキノン
など
注意点 紫外線で悪化する 紫外線で悪化する 紫外線で悪化する

人気のシミ対策化粧品ランキングベスト5

月のランキング
商品名 価格 商品の特徴
かんぱん
ニキビ跡
トライアル
1,480円
ディセンシア サエル
ビタミンC ヒト型セラミド 植物成分
肌の赤みやかゆみ、痛みなどで美白化粧品が試せなかったあなたへ。 敏感肌専門ブランドの美白化粧品です。肌が弱っている状態では、攻めの美白だけでは効きません。 悪い原因を改善しながら積極的に肌に働きかけます。刺激がなく効果もイチオシ!
詳細ページへ
かんぱん
ニキビ跡
トライアル
1,944円
ビーグレン 美白セット
ハイドロキノン ビタミンC
シミに一番有効な成分といえばハイドロキノン。 ビーグレンのハイドロキノンは独自の浸透技術によって5%以下の配合率でありながら、皮膚科レベルの作用を実現しています。 365日間返金保証は商品への自信の証といえます。
詳細ページへ
ニキビ跡
日焼け跡
トライアル
1,080円
アスタリフトホワイト
アルブチン ビタミンC
シミの内部で固まったメラニンにアプローチ。 生まれ変わったナノユニット技術が狙った場所に有効成分を届けます。 今までと違うのは、各成分が効果をお互いに活かしながら最大限に発揮できるようになったところ。 手でしっかりなじませると顔にスッと浸透していきます。
詳細ページへ
ニキビ跡
日焼け跡
WEBモニター
1,000円
HANAオーガニック
植物成分
国産オーガニックコスメブランドから誕生、100%天然成分だけで美白ができる化粧水と美容液。 自然の植物の根本療法により、6つの花精油が肌の再生力を高めてシミを追い出します。敏感肌の人も安心。肌への安全度で選びたいあなたに。 本気の3ヶ月ケアに取り組めます。
詳細ページへ
かんぱん
日焼け後
トライアル
6,500円

1,890円
アンプルール
ハイドロキノン ビタミンC
高保湿型の美容乳液ゲルです。点と面ののW美白ケアで、シミくすみを改善し、透明感のある肌に。 トライアルセットはたっぷり10日間試せます。
詳細ページへ

シミ消しに重要な「肌の保水力」

シミ化粧品が効きにくい?

シミ化粧品でいくらケアをしても全然シミが消えない・・そんなあなたは角層がすきまだらけかもしれません。

角層が乱れていると紫外線やほこりなどの刺激を受けやすいので肌が頑張って「メラニンをつくろう!」と指令をだします。 そのためシミが普通の人よりもできやすいといえます。

保湿を保つセラミドや美容成分を与えても角層のすきまから流れてしまうので、いくら”与えるケア”をしても効きにくい状態に。まずは保湿力を上げることが大切です。

サエルはただメラニンを抑えるだけでなく、同時にヒト型セラミドによって角層を改善し保水力をアップさせる「攻めと守り」のシミ対策化粧品なんです。


敏感肌専門ブランドのサエル。敏感肌は角層が乱れているので、肌荒れしやすいんです。 肌荒れしないからと安心しているあなたも、角層が乱れていれば「隠れ敏感肌」になっています。 インナードライも気づきにくいので注意が必要です。

美白化粧品をシミのタイプで選ぶ

肝斑(かんぱん)

ほほや額、目の下などに左右対称にできる肝斑にはこの美白化粧品!有効な化粧品はどれ?

ニキビ跡などの濃いシミ

ニキビ跡やかぶれ後にできた炎症性のシミに有効な美白化粧品を選びたいあなたはこちら。

点在しているシミ

広い範囲にわたって点在している多くの薄いシミは広範囲のケアをしてあげましょう。


「シミに効く化粧品」について

「シミに効く化粧品」は、肝斑やニキビ跡がシミになったもの、広範囲に点在するシミなどに効く美白化粧品を紹介しています。 シミはメラニンから作られるのは同じですが、なぜメラニンが作られてしまうのか?シミになる原因を突き止め、 その原因に合った化粧品で対処をしていきましょう。 シミに効く成分は、ハイドロキノン・ビタミンC・コラーゲン・プラセンタなどが主流ですが、 有効成分によってアプローチするポイントも違います。 トータルケアをしていくことで薄くなっていくシミもあるので、まずはなぜシミになってしまっているのかを知ることが大切。 皮膚科で処方されるのはハイドロキノンで、一番有効といわれています。 レーザー治療はそばかすに有効ですが、一般的なシミは美白化粧品だけのスキンケアでかなり改善されます。 メラニンはどんどんメラノサイトから毎日作り出されているので、 シミとなって現れてしまう前に早めのケアをすればするほど効果的です。 シミに効く化粧品でくすみのない透明感のある肌を目指しましょう!