トップページ >  シミに関するコンテンツ >  美白成分について

いろいろな美白成分について

美白成分いろいろ

シミのもととなるメラニン色素が作られるときに肌でさまざまな反応が起こります。
それをどこかで抑える作用がある成分が美白成分と呼ばれるもの。
どの段階にアプローチするのかで分けることができます。

 シミができるステップとそれに対応する美白成分 

step1 メラニンを作るよう指示

紫外線が肌にあたると肌の細胞を守ろうとエンドセリンなどの情報伝達物質が分泌。
これらがメラノサイトにメラニンを作るように命令。

美白成分命令を出す物質を抑制(カモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHAなど)

   

step2 メラニンの生成

情報伝達物質がメラノサイトに到着するとメラノサイトがメラニンを作り始める。
まずチロシンが作られ、その後チロシナーゼという酸化酵素によって茶色いメラニン色素へ変わる。

美白成分→①チロシナーゼの働きを抑制(アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、トラネキサム酸、油溶性甘草エキス、ハイドロキノンなど)

チロシナーゼを減らす(リノール酸など)

   

step3 表皮細胞へ送り出される

メラニン色素は表皮細胞へと取り込まれていき、ターンオーバーとともに角層へと押し上げられていく。

美白成分ターンオーバーを促進(4MSKなど)

厚生労働省が認めている美白成分はこちら

ビタミンC誘導体...ビタミンCを肌に吸収されやすいように加工したもの。黒いメラニン色素を淡色化させる作用も。アンチエイジングやニキビの炎症を抑える効果も。

アルブチン...糖とハイドロキノンの合成物質。濃度が高いと刺激を感じることも。

コウジ酸...味噌や醤油などを作る際に発酵させるのに使用するコウジカビからできる成分。

エラグ酸...いちごなど奥の植物に含まれているフラボノイド。ハイドロキノンのような作用がある。

ルシノール...もみの木の美白効果をヒントにできた成分。

リノール酸...サフラワーなどの植物油からできる成分。

トラネキサム酸...美白作用のほか、肌荒れを防ぐ効果も。

4MSK...ターンオーバーの乱れを整えるために開発された成分。

プラセンタエキス...豚などの胎盤から抽出される成分。

などなど。他にもあります。

さらに効果的に美白化粧品を使うには...

厚生労働省が認めている成分だから誰にでもよく効くというわけではないのですが、美白化粧品を選ぶ際の参考にしてみてください。
ただ、美白化粧品を使い続けているのに全く効果を感じられないという人は美白成分が効きにくい状態の肌なのかもしれません。
その原因は乾燥や敏感肌。
肌のバリア機能が低下しているために、紫外線の影響をもろに受けてしまい美白成分の作用が追いついていない可能性も。
美白ケアをするのと同時にバリア機能をアップさせる成分を補給することが重要です。
おすすめ成分はセラミド
バリア機能を手っ取り早く修復するにはセラミドの補給が欠かせません。