トップページ >  シミに関するコンテンツ >  ハイドロキノンの効能

ハイドロキノンの効能

今や「美白成分の大御所、ビタミンCよりも美白の効果が期待できる」
と言われているバイドロキノン。イチゴやコーヒー、紅茶、麦芽などにも含まれているんですよ。
では具体的にどのような美白の効能があるのか、紹介しましょう。

 ハイドロキノンの効能とは? 

シミが出来る工程の最初と最後を徹底攻撃!

hydro8.jpg

①メラニン生成を活性化させるチロシナーゼ酵素を阻害!
 →シミが出来る第一工程から阻害するのでシミが出来にくくなります。
  この効果は同じ作用をするコウジ酸やアルブチンの数十倍!

②出来てしまったシミを還元作用によって淡色化!
 →シミが完成する前の色は淡色なんです。ハイドロキノンはそこまで戻してくれます。
  同じ作用をするビタミンCよりも効果大!

 このように、ハイドロキノンは「これから出来るシミ」
 にも「出来てしまったシミ」にも効果的
なんですよ。

 しかもそれぞれの作用について、ハイドロキノン以上の
 効果があるものは今の所ないようです。

   hydro9.jpg

 

 ハイドロキノン その他の情報 

●濃度・・・5%以下が目安
 ・4%以上で処方箋が必要
 ・10%といった高濃度のものが違法に出回っているので、買う時には濃度を確認しましょう。

●デメリット
 ・熱や光に不安定で、肌に浸透しづらい
  →肌の表面にとどまったまま、熱や光の影響をうけると肌にダメージを与えかねない
   →製品化が難しい

●よく間違われる成分
 ・ハイドロキノンモノベンジルエーテル
  →・名前は似てるが全く別の物・マイケルジャクソンが使って有名に
   ・化粧品での使用は禁止されている

 

製品化が難しいハイドロキノンですが、見事 配合に成功した美白化粧品を紹介します!

 ハイドロキノン配合のおすすめ美白化粧品 

ビーグレン

独自の浸透テクノロジーによって美肌成分を超微細カプセルに閉じ込め、安定させながら肌の奥まで浸透させる事に成功

ハイドロキノンは1.9%と低濃度なのに 医薬品と同等の効果を発揮

他にもピュアビタミンCなど、いくつもの美白成分でシミを撃退!

公式サイトへ  詳細ページへ

アンプルール

昼は「面」ケアで紫外線などの外敵から肌をガード、夜は「点」ケアで気になるシミを集中的にアタック!

2.5%の「新安定型ハイドロキノン」で熱や光からもガードしながら肌の奥まで浸透

「時間差攻撃」で夜中シミに働きかける!


公式サイトへ  詳細ページへ

 不安定で浸透しづらいハイドロキノンを製品化させるのは
 至難の業
なんです。

 ビーグレンとアンプルールは高い技術力によって
 製品化する事に成功
しました。