トップページ > 肝斑(かんぱん) > 肝斑(かんぱん)とはどういうもの?

肝斑(かんぱん)とはどういうもの?

肝斑(かんぱん)は、皮膚科医が言う「シミ」のことで、褐色の色素斑のことです。
頬、額、目の下、こめかみ、鼻の下、口周辺にできます。
特徴としては、左右対称にできることが多く、 肝臓の表面の紋様に似ているから、このように呼ばれるようになったという説があります。

肝斑になってしまう原因は、ホルモンが関与しているとされ、紫外線で悪化します
老人性のシミと違い、美白化粧品で数ヶ月ケアをすれば、スキンケアだけでかなりの改善が認められている例もあるので 継続したケアを心がけることが大切です。

このページでは、肝斑のケアにベストな美白化粧品を紹介しています。
早めのケアで肝斑に立ち向かっていきましょう!