トップページ > ニキビ跡などの濃いシミ > ニキビ跡などの濃いシミ、原因と対策は?

ニキビ跡などの濃いシミ、原因と対策は?

ニキビやケガの後、治っても黒く濃いシミが残ることがあります。

ニキビの悪化などで肌が炎症を起こした時に、肌が危険を感じてシミの原因であるメラニンを大量に作りだすため。
炎症がおさまっても一度活発化してしまったメラニンを作る細胞は、どんどんメラニンを作ってしまうんです。

メラニンを作らせないためには、メラニン生成を抑えることはもちろんですが、その前に肌の保水力を上げて外部刺激に強い肌にする必要があります。

いくらメラニン生成を抑えたとしても、紫外線や外部からの刺激をそのまま受けてしまう肌では「いたちの追いかけっこ」になってしまうのでいつまでもシミの状態は変わらないということになります。

改善するために重要なことと有効成分はこちら

・メラニン生成を抑える →→→ ビタミンC誘導体、ハイドロキノン
・メラニン色素の除去 →→→→ ビタミンC誘導体、ハイドロキノン
・皮膚細胞の活性化 →→→→→ ビタミンC誘導体
肌が水分を蓄える力 →→→→ セラミド

特に大事なのは、肌が水分を蓄える力。
ほとんどの美白化粧品は「メラニンを抑える」作用しかありませんが、保水力を高めることが実は重要なんです。

このページでは濃いシミのケアにベストな美白化粧品を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。