トップページ > 肌のシミの原因は4つ > 肌のシミの原因は4つ

肌のシミの原因は4つ

シミはどうしてできてしまうのか?その原因は4つあります。

①紫外線

一気に多くの紫外線を浴びるか、微量でも繰り返し浴びる
   ↓
メラノサイトが刺激され続け、メラニンが作られ続ける
   ↓
シミになる

肌を防御する役目として、メラニンは作られます。
紫外線は光老化だけでなく、シミを作る元になってしまうのです。
紫外線量が多い鹿児島の40代女性は、北国の秋田県の60代女性と同じぐらい光老化が進んでいるというデータも。

②ホルモンのバランスが崩れる

女性はホルモンのバランスが崩れる時期がどうしてもあります。
妊娠、出産、生理不順、更年期、ピルの服用

メラノサイトを刺激するホルモンが分泌されるため、紫外線を浴びた時と同じようにシミが目立ってきます。

③強いストレス

ストレスに対しての防御反応が起きてメラノサイトを刺激し、メラニンが生成されます。

④皮膚炎

炎症を伴ったカブレのあとや、ニキビができたあとなど。
これは皮膚炎だけでなく、植物などによるカブレでも起きます。
例として、ベルロック皮膚炎というのがありますが、 香水をつけて日光にあたると、その部分がシミになります。
これはベルガモット精油に入っている蛍光性物質に反応して起こる現象です。

メラニンは皮膚にとどまることでシミになってしまうので、 とどまる前にケアをすれば防ぐことが可能です。

早め早めのケアでシミをブロック!
できてしまったシミに対しては、還元作用(戻す作用)によって薄くしていくしかありません。
つまり、早い時期にケアをはじめるほど効果は大きくなります。

ターンオーバーは約1ヶ月周期でまわってきます。
そのサイクルを繰り返しながら還元していくので、数ヶ月~半年は確実にかかってしまうでしょう。
シミになる前のケア、できてしまったシミに対してのケア、両方を継続して行なっていくことでシミは目立たなくなっていくものです。

紫外線を浴びすぎてしまったと感じる日は、その日のうちに美白化粧品でケアをすることでシミになるのを防ぐことができます。
先手を打ってシミのない透き通った肌を目指しましょう!

シミのケア方法をチェック!

紫外線対策
UV下地とSPFのあるファンデーションを使う
新陳代謝を高める
マッサージやパックで代謝アップ
メラニンの還元
ハイドロキノン、ビタミンC、プラセンタ、アルブチンなど
メラニン生成をブロック
酵素チロシナーゼの働きをブロックするハイドロキノン、ビタミンCなど